人権侵害を行わないために

新型コロナウイルス感染症を理由とした人権侵害を行わないために

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、感染した方や治療・対策に関わった方々及びそのご家族に対する差別や、インターネット、SNS等における個人を特定する情報や風評被害が懸念される情報の拡散など、心ない言動が拡がっています。

感染は誰にでも起こる可能性があり、「自分が感染したら・・・」と考えた時に、他の人からされて嫌だと思うことは、他人にもしないという気持ちを持ちましょう。

人権侵害行為を行わないよう、次の点に気を付け、行動しましょう。

情報を正しく知る

感染への不安から、不確かな情報や根拠のないうわさ等に惑わされ、差別につながる行為をとることのないよう、公的機関が提供する正確な情報を確認いただき、人権に配慮した冷静な行動をしましょう。

新型コロナウイルスに関する人権侵害について知る

~あなたはしていませんか?~

例えば・・・

  • 医療や介護に従事されている方に対して、店舗等の利用を断ったり、誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)をする。
  • 感染した方やそのご家族の住所や勤務先の詮索をする。
  • インターネット、SNS等あらゆる場面での誹謗中傷や差別につながる情報の拡散をする。
  • 県外ナンバー車両への嫌がらせ、所有者への誹謗中傷をする。
  • 外出自粛からくるストレスで、配偶者やパートナーに暴力を振るう。
  • 休業による生活不安から、子ども等に虐待をする。

これらの行動の前に、一度冷静に相手の気持ちを考えた行動をとりましょう。

 

恐れや不安な気持ちに負けず、
今こそすべての人にやさしさと思いやりの心を向け、
人権を守り、たがいに助け合いましょう。

 

関連リンク

新型コロナウイルス感染症に関連した人権相談窓口について(法務省)

新型コロナウイルス感染症を理由とした不当な差別やいじめなど、人権に関する相談を受け付けています。

~STOP!コロナ差別~新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について(和歌山県)

新型コロナウイルス感染症に係る誹謗中傷等など、相談窓口(相談ダイヤル)を設置しています。

配偶者等からの暴力(DV)相談について(内閣府男女共同参画局)

配偶者等からの暴力(DV)に関する相談を受け付けています。外出自粛や休養が行われる中、生活不安やストレスからDV被害者の増加が懸念されています。一人で悩まず、まずはご相談してみてください。

 

お問い合わせ

総務課
電話:0739-72-2051
ファクシミリ:0739-72-1223
2020年11月26日