うめ振興館

航空写真

平成16年(2004年)10月1日、南部町と南部川村が合併し、名実共に日本一の梅の町、「みなべ町」が誕生しました。
『うめ振興館』は、その日本一の梅の町を、全国に情報発信する拠点施設です。
また、「うめ21研究センター」と合わせ、生産からPRまで、日本一の梅産地の中心施設でもあります。

イメージ図

1階 歴史ゾーン

 「梅」と「旧南部川村」を歴史的な解析で展示しています。

2階 梅資料ゾーン

梅林大型パノラマ模型・マジックビジョン・科学コーナー・文学・体験ゾーンなど、さまざまなブースに分かれたメインフロア。
1階・2階の資料館へはこちらからどうぞ。

3階 道の駅みなべ川(物産コーナー・レストコーナー)

 みなべ町の物産品の展示・即売コーナー。

  • TEL 0739-74-3663
  • FAX 0739-74-3199

※入館料は無料です。

1階フロア 歴史民俗資料展示

みなべ町が「うめ」と深いかかわりをもつようになるのは近世に入ってからですが、その基礎となる農耕と人々の歴史には、興味深いものがあります。日本最大級の銅鐸の出土や中世の山城など、和歌山県の歴史上、重要な位置にあったことが伺い知れます。
このゾーンでは、近代から近世・中世・原始古代へと歴史を遡り、みなべ町の農耕と人々のあゆみを中心にそれぞれの時代を象徴するな展示物やビデオでわかりやすく紹介しています。

1階展示11階展示21階展示3

旧南部川村のはじまりと旧南部川村の紹介

旧南部川村の名前の由来や施設の案内をビデオで紹介。

須賀神社のまつり

須賀神社の秋祭りに行われる渡御の行列を和紙人形で再現。 

備長炭と駄賃馬

近世の村人の農らしぶりをジオラマで紹介。 

中世の武家社会

平須山山頂から中世の山城跡が、ほぼ完全な形で発掘されました。当時の武家社会の様子をジオラマで再現。

6口の銅鐸

弥生時代の祭りに使われた祭器である銅鐸が6口発見されています。稲作に適した南部下流には多くの人達が住み着いていたと考えられます。

2階フロア うめ資料展示

日本最大の「うめ」の生産地に発展したみなべ町。
この梅を人物・歴史・文学・サイエンス・環境・雑学など、さまぎまな視点でとらえた展示ゾーンです。
《年中満開の梅園をご覧いただける「南部梅林」のパノラマ》、《梅干しの科学と神秘の謎を解くサイエンスゾーン》、《梅はどこから日本にやって来たのか?》、《日本人と梅との深い関係》など、興味深い事柄をわかりやすく展示解説しています。

2階展示12階展示22階展示32階展示4 

梅の郷のシンボル

梅といえば、もちろん この鳥「うぐいす」が皆様をお迎えいたします。

南部川の源流

南部平野を潤し太平洋にそそぐ南部川。その源流の様子を再現。

地質と気候

優良な梅が出来るひとつの要因は、みなべ町の気候風土に隠されていました。

南部梅林のパノラマ

「一目百方、香り千里」と云われる南部梅林の再現。

梅花の種類

300品種を超えるといわれる梅花。 ここでは50種を紹介。

瓜渓石

旧南部川村特産で日本の名石のひとつ瓜渓石。展示石も梅源郷を連想する品格の高いみごとな盆石です。

梅のサイエンス

梅干しの科学と神秘の謎を解明するサイエンスシアター。

梅の歴史

歴史上の人物と梅にまつわる3つのエピソードを立体映像で紹介。

梅干しの実物展示

100年前の梅干しから現在までを実物展示。

休館日

毎週火曜日(火曜日が祝日の場合、翌水曜日)定休日
年末(29・30・31日)休業

※2月中は無休です。1月1日・2日・3日も開館しています。

所在地・電話番号

  • 住所:和歌山県日高郡みなべ町谷口538-1
  • 電話番号:0739-74-3444
  • Fax番号:0739-74-3665

地図

うめ振興館

お問い合わせ

うめ課
電話:0739-74-3276
ファクシミリ:0739-72-3893
2013年9月11日