住宅耐震化促進事業

耐震診断

平成29年度の耐震診断希望者を募集します

平成29年度についても下記の通り一般木造住宅及び非木造住宅の耐震診断を行います。
(診断費用:木造住宅は無料(国・県・町が負担します)。非木造住宅は必要な経費の2/3(上限89,000円)の補助金が出ます。)

募集期間

平成29年5月1日(月)から受付しています。
なお、募集戸数に達した時点で、募集終了となります。 

募集戸数

木造:10戸 非木造:1戸

診断の対象となる住宅

次の1~4すべてに該当する住宅であること。

   1.  昭和56年5月31日以前に建築(工事着工)されていること

   2.  地上階数が2階以下で、延べ床面積が200平方メートル以下の専用及び併用住宅

 〔以下は木造住宅のみ〕

   3.  一般木造住宅で、実際に住んでいること(共同住宅や長屋住宅、店舗などとの併用住宅も含みます)

   4.  木造の在来工法(軸組み工法・伝統的工法)の住宅であること

申込方法・申込先

申込用紙に必要事項を記入の上、総務課(庁舎2階)へ提出してください。

みなべ町木造住宅耐震診断申込書(209KB)
(この画面からもダウンロードできます。)

診断実施時期

・専門の耐震診断士が診断します。

・診断結果は、耐震診断士が2~3か月後に訪問してお知らせします。

 

耐震補強設計・耐震改修工事

平成29年度の耐震改修補強設計及び耐震改修工事補助希望者を募集します

一般木造住宅及び非木造住宅の耐震改修補強設計及び耐震改修工事費用に対する補助を行います。

募集期間

平成29年5月1日(月)から受付しています。 なお、募集戸数に達した時点で、募集終了となります。 

募集戸数

補強設計:3戸 改修工事:3戸 

補助対象となる住宅

○補強設計

・対象住宅

    耐震診断の結果、木造では評点1.0未満の住宅、非木造では評点0.6(一次診断の場合、評点0.8)未満と診断された住宅

・補助率 

  設計費用の2/3 (補助上限額:132,000円)

○改修工事(現地建替含む)

 ・対象工事

   【一般補強型】 木造の場合、改修前評点1.0未満を改修後1.0以上に、非木造の場合、改修前評点0.6(一次診断の場合、評点0.8)未満を改修後0.6(一次診断の場合、評点0.8)以上にする耐震改修工事

   【避難重視型】 木造住宅であり、改修前評点0.7未満を改修後0.7以上にする耐震改修工事

 ・補助率

   耐震改修工事(建替工事費含む)費用の2/3 (補助上限額:1,161,000円(平成29年度))

 

  ※補助を受けるためには、耐震補強設計及び耐震改修工事(現地建替含む)について、年度内に完了する必要があります。

 

申込方法・申込先

申込用紙に必要事項を記入の上、総務課(庁舎2階)へ提出してください。申込用紙は総務課(庁舎2階)にあります。

 

耐震ベッド・耐震シェルター

平成29年度の耐震ベッド・耐震シェルター設置工事補助希望者を募集します

耐震ベッド及び耐震シェルターを設置する工事費に対する補助を行います。

・耐震ベッドとは

 ベッドの置かれた空間のみを補強し、地震により建物が倒壊しても安全な空間を確保するもの

・耐震シェルターとは

 居住室の内部を鉄骨や木材で補強し、地震により建物が倒壊しても安全な空間を確保するもの

募集期間

平成29年5月1日(月)から受付しています。 なお、募集戸数に達した時点で、募集終了となります。 

募集戸数

耐震ベッド・耐震シェルター:合わせて1戸

補助対象となる住宅

・次の1~2すべてに該当する住宅であること。

   1.  昭和56年5月31日以前に建築(工事着工)されている木造住宅

   2.  耐震診断の結果、評点1.0未満と診断された住宅

・補助率

  耐震ベッド・耐震シェルター設置工事費の2/3 (補助上限額:266,000円)

補助対象となる耐震ベッド・耐震シェルター

 補助対象となる耐震ベッド及び耐震シェルターについては、下記の一覧のとおりです。

 耐震ベッド・耐震シェルター補助対象一覧(20KB)

申込方法・申込先

申込用紙に必要事項を記入の上、総務課(庁舎2階)へ提出してください。申込用紙は総務課(庁舎2階)にあります。

※応募者多数の場合は高齢者、障がい者を優先させていただきます。

お問い合わせ

総務課
電話:0739-72-2051
ファクシミリ:0739-72-1223
2017年5月1日