新型コロナウイルス感染症の影響を受けている中小企業・小規模事業者の相談にこたえます

 コロナの影響を受けて資金繰りが厳しい

 人件費を抑えるために雇用調整助成金を活用したい  

いろいろな支援策があるけれど自分が対象かどうかわからない

 

中小企業・小規模事業者の皆様にとって、「売上を伸ばしたい」「商品を開発したい」「後継者を育成したい」などの経営上の悩みはつきものです。

また新型コロナウイルス感染症拡大による影響も深刻な問題です。

みなべ町と(公財)わかやま産業振興財団和歌山県よろず支援拠点では、同財団が中小企業庁から受託しているよろず支援拠点事業を活用した無料相談窓口を開きます。 相談員は和歌山県よろず支援拠点が派遣する専門員で、国の事業なので安心してご相談いただけます。

事業目的

昨今のコロナウイルス感染症の影響を受ける中小企業・小規模事業者に対する経営相談窓口の設置

主な相談対応業務

1 持続化給金や家賃支援給付金などの公的施策の案内

2 資金繰り改善に関する相談

3 事業計画作成などの経営相談

相談日(新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、事前に電話予約が必要です

第1・第3木曜日(期間:令和2年8月 ~ 令和3年3月)

(1) 9:30~10:30  (2) 10:45~11:45  (3) 13:00~14:00  (4) 14:15~15:15  (5) 15:30~16:30

相談場所

みなべ町役場1階

電話予約先

みなべ町役場産業課よろず相談 0739-72-1337

その他

民業圧迫防止の観点から相談業務のみとなります(手続き代行業務は不可)

 

経営相談窓口のお知らせチラシ(238KB)

お問い合わせ

産業課
電話:0739-72-1337
2020年7月31日