特別定額給付金(10万円給付)のご案内

 令和2年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、特別定額給付金事業が実施されることになりました。

 町の特別定額給付金の申請開始時期などについては決まり次第、ホームページなどでお知らせいたします。

 特別定額給付金の概要については、総務省のホームページを確認ください。

 特別定額給付金の概要<総務省ホームページ>

 給付対象者及び受給権者

  • 給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)に、みなべ町の住民基本台帳に記録されている方
    (基準日以前に、住民票を削除されていた者で、基準日において、日本国内で生活していたが、いずれの市区町村の住民基本台帳にも記録されておらず、かつ、基準日の翌日以後初めてみなべ町の住民基本台帳に記録されることとなったものを含みます。)
    なお、外国人のうち、短期滞在者及び不法滞在者は住民基本台帳に記録されていないため、対象とはなりません。
  • 受給権者は、その方が属する世帯の世帯主

給付額

給付対象者一人につき10万円

例:世帯主、妻、子ども1人の場合は10万円×3人の30万円が給付額となります。

給付金の申請及び給付の方法

感染拡大防止の観点から、給付金の申請は下記の(1)(2)の方法を基本とし、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振り込みにより行います。

  1. 郵便申請
    5月19日から順次、受給権者(世帯主)宛てに水色の申請書を郵送しますので、申請書に振込先口座等を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しを同封のクリーム色の返信用封筒に入れ、ポストに投函してください〈切手は不要です〉。

  2. オンライン申請(マイナンバーカード所持者が利用可能)※5月1日から
    オンラインサービス「マイナポータル」の「ぴったりサービス」からみなべ町を選択し、世帯構成員情報・振込先口座等を入力したうえで、振込先口座確認書類(写真データ等)をアップロードしてください〈電子署名により本人確認書類は不要〉。

  オンライン申請の方法についてくわしくはこちらから

給付日

  • 5月28日  第1回口座振込日

配偶者からの暴力を理由に避難している方へ

 特別定額給付金の給付において、配偶者からの暴力を理由に避難されている方で、令和2年4月27日以前に住民票を居住地に移すことができない方は、申出をしていただくことで、居住地の市町村から給付を受けることができます。

対象となる要件(いずれかに該当)

  • 配偶者暴力防止法第10条に基づく保護命令を受けていること
  • 婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」が発行されていること
  • 令和2年4月28日以降に住民票が居住市町村に移され、支援措置の対象となっていること

特別定額給付金に関するお知らせ(531KB)

申出書(53KB)

給付金を装った詐欺にご注意ください!

「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の詐取にご注意ください!

  • 市区町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • 市区町村や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。

ご自宅や職場などに市区町村や総務省などをかたった不審な電話がかかってきたり、不審な郵便・メールが届いたら、役場や最寄りの警察署(または警察相談専用電話♯9110)にご連絡ください。

 それ、給付金を装った詐欺かもしれません!(422KB)

詳細について

 給付金の詳細については、以下の総務省のホームページをご確認ください。

特別定額給付金ポータルサイト(総務省)

問い合わせ先

連絡先:総務省コールセンター TEL 03-5638-5855

応対時間:午前9時~午後6時30分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ

総務課
電話:0739-72-2051
2020年5月19日