世界農業遺産の目的などについて For such purpose of GIAHS

世界農業遺産の目的などについて For such purpose of GIAHS

世界農業遺産とは

世界農業遺産(Globally Important Agricultural Heritage Systems(GIAHS):ジアス)は、2002年(平成14年)、食料の安定確保を目指す国際組織「国際連合食糧農業機関」(FAO、本部:イタリア・ローマ)によって創設されたプロジェクトです。その背景には、近代農業にみられる過度な生産性偏重が、世界各地で環境問題や生物多様性、その地域に固有の文化や景観などが失われてきたことが挙げられます。 世界農業遺産の目的は、地域環境を生かした伝統的農法や、生物多様性、農村文化、農村景観が守れた土地利用などを「農業のシステム」として一体的に維持し、次世代に継承していくことを目指しています。

GIAHS(Globally Important Agricultural Heritage Systems), in 2002, food stable international organization "United Nations Food and Agriculture Organization," which aims to ensure (FAO, Headquarters: Rome, Italy) is a project that was founded by. In the background, excessive productivity overemphasis seen in modern agriculture, environmental issues and biodiversity in many parts of the world, it will include things that have been lost, such as a unique culture and landscape in the area.

世界遺産(文化遺産)との違いは The difference between the world heritage (cultural heritage)

国際連合教育科学文化機関(UNESCO(ユネスコ))が推進する世界遺産が、遺跡や歴史的建造物、自然など「不動産」を登録し保護することを目的としているのに対して、世界農業遺産は、「農業のシステム」を認定することで保全につなげていくことを目指しています。 認定地域は世界各国に広がり、2014年4月末現在で31サイト、内、国内では以下の5サイトが認定されています。

While the United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization (UNESCO) aims to designate and protect real estates such as historic monuments and buildings and natural areas, the purpose of GIAHS is to seek maintenance and conservation of agricultural systems to pass them to future generations, through the granting of special designation. Authorized areas spread around the world, 31 sites in 2014 the end of April now, out, in Japan have been designated the following 5 site.

世界農業遺産に認定されるとどのようなメリットがあるでしょうか?  What there will be a benefit if it is designated to the world agricultural heritage?

農林水産業や伝統文化の維持・継承に関する地域の機運が高まり、システムの維持が進むことが期待できます。

国内外における知名度が上がります。これを活用すれば観光振興や農業振興に効果があると考えます。

地域住民による地域資源を活用した新たなビジネスや生業のアイデアが生まれることが期待できます。

大事なことは、地域が主体的に世界農業遺産を活用していくことであると考えています。

Increases the momentum of the region related to the maintenance and inheritance of agriculture, forestry and fisheries and traditional culture, we can expect that the maintenance of the system progresses.

Name recognition in Japan and abroad will increase. By utilizing this, I thought to be effective in promoting tourism and agriculture promotion.

You can expect that born the idea of a new business or occupation that utilize local resources by local residents.

The important thing is, I believe thing people of the region to take advantage of the initiative in GIAHS.

日本ではどんなところが認定されていますか。 Where does it have been designated in Japan?

国内では、これまで以下の5サイトが認定されています。

In Japan, 5 site of the following have been designated so far.

「能登の里山里海」(石川県能登地域、2011年6月)

Noto's Satoyama and Satoumi ( Noto region, Ishikawa Prefecture, June 2011)

「トキと共生する佐渡の里山」(新潟県佐渡地域、2011年6月)

Ssdo's Satoyama in harmony with the Japanese crested ibis ( Sado region, Niigata Prefecture, June 2011)

「静岡の茶草場農法」(静岡県掛川市周辺地域、2013年5月)

Traditional Tea-grass Integrated System in Shizuoka ( Kakegawa surrounding area, Shizuoka Prefecture, May 2013)

「阿蘇の草原の維持と持続的農業」(熊本県阿蘇地域、2013年5月)

Managing Aso Grasslands for Sustainable Agriculture ( Aso region, Kumamoto Prefecture, May 2013)

「クヌギ林とため池がつなぐ国東半島・宇佐の農林水産循環」(大分県国東半島宇佐地域、2013年5月)

Kunisaki Peninsula Usa Integrated Forestry, Agriculture and Fisheries System (Kunisaki Peninsula Usa area, Ooita Prefecture, May 2013)

 

参考

お問い合わせ

うめ課
電話:0739-74-3276
ファクシミリ:0739-72-3893
2014年5月12日