千里のウミガメ

竜宮からのお客様、アカウミガメの産卵とふ化

みなべの浜には毎年5月ごろから、人気者のお客様が訪れます。アカウミガメが卵を産みにやって来るのです。産卵は8月中にほぼ終わり、今度はふ化が始まります。

アカウミガメの成熟体は、甲長がおよそ80センチほど。雑食性で、海藻やウニ、クラゲ、小魚などを食べます。人間が海に捨てたビニールをクラゲと勘違いして食べて死んでしまうカメもいます。ですから、カメや他の生き物のためにも海へものを捨てないでくださいね。

ウミガメの観察をご希望の皆様へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 
観察をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

アカウミガメの生態

5月から8月上旬にかけて、千里の浜や岩代の浜などへ産卵にやってくるカメは、アカウミガメです。日本列島に来るウミガメのほとんどがこの種類で、はるか東シナ海から回遊して来ます。 ウミガメの産卵では屋久島が有名ですが、本州において千里の浜は産卵の密度が最も高い浜です。

ウミガメの生態はまだ謎の部分が多いのですが、最近では、日本列島で生まれた子ガメたちが、2~3年かけてアメリカ西海岸やメキシコ付近へ渡り、20年ほどたって成熟すると、再び日本へ産卵に向かうということが分かってきました。途方もない大航海です。その後、成熟体のグループは、アメリカではなく東シナ海付近へ回遊し、産卵シーズンが訪れると、集団で再び日本へ向かうと考えられています。

親ガメ子ガメの苦労

カメの産卵は夜間に行われます。卵が水に浸かると死んでしまうため、親ガメは高潮線よりも上の砂地を選びます。カメは音やにおい、光に敏感で、少しでも危険を感じると海へ戻ってしまいます。上陸して卵を産み、海へ戻るまで約2時間、本当に大仕事です。

卵は2か月ほどでふ化し、子ガメたちは夜を待って海に向かいます。子ガメは明るさで海の位置を知ります。夜間は海面が反射して明るいからです。この時、人工灯が当たると、子ガメは方向を誤ってしまいます。親ガメが光のある浜をいやがるのは、そんな理由があるのかも知れません。

カメが小さいうちは鳥や魚の餌食になることが多く、成長するのはごくわずかです。 1シーズンに千里の浜や岩代の浜へ産み落とされた卵のうち、成熟体になるのは1~2匹ぐらいではないではないかといわれています。それが自然の摂理とはいえ、1匹でも多くの子ガメが大きくなって、千里の浜や岩代の浜へ戻って来てほしいものです。

調査開始以後の千里の浜への上陸回数と産卵回数(いずれも延べ回数)

上陸期間上陸回数産卵回数上陸期間上陸回数産卵回数
'81 5/20~8/26 未調査 115 '97 5/10~8/14 140 56
'82 5/17~9/1 171 '98 5/7~7/29 69 29
'83 5/16~8/17 98 '99 5/16~8/12 178 85
'84 5/22~8/17 145 '00 5/17~8/20 136 73
'85 5/17~8/19 190 '01 5/10~8/13 189 95
'86 5/15~9/7 122 '02 5/17~8/11 143 61
'87 5/14~8/20 145 '03 5/15~8/22 155 75
'88 4/30~8/25 150 '04 5/16~8/6 286 92
'89 5/17~9/7 201 '05 5/22~8/20 221 121
'90 5/8~8/27 900 328 '06 5/24~8/28 88 45
'91 5/9~8/24 786 348 '07 5/14~8/24 159 67
'92 5/9~8/18 456 228 '08 5/17~8/20 464 269
'93 5/7~8/26 506 250 '09 5/14~8/24 299 172
'94 5/9~8/24 485 162 '10 5/12~8/20 575 274
'95 5/10~8/14 390 176 '11 5/30~8/23 331 152
'96 5/13~8/17 221 112 '12 5/12~8/23 728 293
        '13 5/13~8/29 579 291

ウミガメ観察をご希望の皆様へ

千里の浜のアカウミガメを観察したい方は、みなべ町教育委員会への許可申請が必要です。

※電子メールでも申請できます。ご希望の方は、「住所」「氏名」「電話番号」「観察希望日」「参加人数」「観察目的」を明記の上、次のアドレスへ送信してください。

みなべ町お問い合わせ窓口 (kyoiku@town.minabe.lg.jp)

観察に来られたら、カメさんが安心して上陸し、また落ち着いて産卵できるよう、次の注意事項を厳守して、ウミガメ研究班、または監視員の指示に従って観察してください。
  1. 浜でライトは照らさないでください。
  2. 大きな声をたてないでください。
  3. フラッシュ、ストロボ撮影は厳禁です。
  4. カメさんが産卵し始めるまでは近寄らないでください。
  5. ごみくず、空き缶、空きビンなどを放置しないでください(お持ち帰りください)
  6. カメさんの卵の発掘は厳禁です。
  7. 千里の浜への車の乗り入れは、和歌山県条例の規定により禁止されています。

ウミガメの産卵(上陸~降海)

1.上陸(観察できません) 2.穴掘り開始(観察できません) 3.産卵(20~30分・観察できます) 4.穴埋め(20~30分・観察できます) 5.降海(観察できません)
暗くなると浜に上陸してきます。警戒心が強く、光や音、においに敏感です。良い産卵場所が見つからず、そのまま引き返してしまうこともあります。 産卵場所が決まると、後ろ足をショベルのように曲げ、交互に使って穴を掘っていきます。直径20~30cm、深さ50~60cmの穴になるまで掘ります。 穴掘りが終わると、すぐに後ろ足を左右に開いてふんばります。1回の産卵で約100個の卵を産みます。 産卵が終わると、後ろ足で砂をかき集めて埋め戻しをします。両足でしっかりと押し固め、地面をならします。それから前足を使って周辺の砂を後方へはね飛ばし、どこに産卵したのか分からないようにします。 何度も休みながらゆっくりと海へ戻ります。2~3週間もすると再び産卵にやってきます。シーズン中は2~3回産卵します。卵は砂のなかで太陽と地熱に温められ、約2か月ほどで自然に孵化します。

千里の浜までの周辺マップ

お問い合わせ

教育学習課
電話:0739-74-3134
ファクシミリ:0739-74-2418
2014年6月23日